東京都北区王子の北とぴあで開催の「渋沢栄一まちなか史料館」。

渋沢史料館のリニューアル中に、期間限定で渋沢栄一の功績を知ることができる出張記念館みたいなものですね。

 

現在はプレオープン中ということもあって寂しい感じ。
正直、これだけのために行く必要はないでしょう。

ただ逆に、北とぴあに行ったなら、見た方がいい。
17階の展望台もいっしょですからね。

 

 

場所は北とぴあ

場所は 【北とぴあ】 の17階です。
無料の展望フロアで、壁まわりに展示してあります。

北とぴあ17回

 

 

 

期間は?

トータルで、2019/10/5~2019/3/31の期間。

11/7まではpureオープン的に簡易的な資料を展示してありました。

 

2019/10/5~
”渋沢栄一が愛した王子飛鳥山を望む 今・昔”

2019/11/8~
”渋沢栄一、91歳の生涯とその事績”

 

 

渋沢栄一が愛した王子飛鳥山を望む 今・昔

 

渋沢栄一

 

大河ドラマにも決定ですね。
脚本などはまだきまってないそうですよ。※先日の出張公演にて

渋沢栄一 大河ドラマ

 

お札(一万円札)になるということで、基本の「き」から解説があります。

渋沢栄一 お札

 

また、なぜ北区の飛鳥山だったのか?
飛鳥山でなにをやっていたのか? などの解説などなど。

渋沢栄一 お札

資料などは「渋沢史料館」や「お札と切手の博物館」などから。

ただ資料的にはプレオープン中。
10分程度でチェックできる内容です。

 

 

ここならでは!
というコンテンツはこれでしょうか。

 

当時の飛鳥山の絵。

飛鳥山

 

展望台からは同じように眺めることができると。

北とぴあから飛鳥山

 

ちなみに、渋沢史料館は2020年3月27日まで休館。(リニューアル)
ですが、この画面のちょい左には「お札と切手の博物館」があります。

ついでに立ち寄られるのもよいかもしれません。
逆に、「お札と切手の博物館」へ来たなら「渋沢栄一まちなか史料館」でもどーぞ。

 

山海亭

ちなみに北とぴあの17階には「山海亭」というレストランがあります。
お散歩ついでのランチなんかにいいかもしれません。